カートをみる 会員ログイン・新規登録 ご利用・送料案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

元祖チョリソ、こだわりの焼き方

【生チョリソーの手の込んだ焼き方もあります】

簡単に焼くだけでも美味しい元祖チョリソですが、
生ソーセージならではの、店長直伝のこだわりの焼き方もあります。
この焼き方をしますと、美味しい焦げ目が付き
より一層、旨みを引き立てます。

少し、手の込んだ焼き方ですが、
是非、お試し下さい!!


動画はコチラ↓


【手順】

_鯏爐鬚垢
冷凍庫からチョリソを出し、
袋から出さずに冷凍状態のまま常温(20℃〜25℃前後)で解凍をします。
すると、2〜3時間で綺麗に解凍ができます。

また、冷蔵庫へ移動させて解凍する場合は、5時間程度かかります。
※一度解凍したチョリソは再凍結させずに、全て召し上がってください。

解凍後


△湯に浸す

ボール等に80℃くらいのお湯を注ぎ、
チョリソを切らずに、お湯の中へ入れます。
すると、40秒ほどで表面がうっすらと白くなります。

お湯に浸した後
お湯に浸すと、このように白くなります。

このようにすることで、焼いたときに皮が破れにくくなり、きれいに焼きあがります。

※注意:沸騰したお湯に入れてしまいますと、皮が破けたり、
食感が硬くなることがございます。また、火傷には十分ご注意ください。


焼く
フライパンかステーキ鉄板を弱火で温めて、油を入れずに片面を焼きます。
この時の火は弱火〜中火で片面を1分半くらい焼きます。
次に裏返して反対の面も1分半くらい焼きます。
この時点でも、まだチョリソは切り分けません。
繋がったまま焼いてください。

ポイント1:美味しく焼くコツは【弱火でじっくり】です。
ポイント2:熱々で美味しくお召上がり頂く為、ステーキ鉄板のご使用をお勧めいたします。


ぞす
焦げ目が付いたら
チョリソの下面が浸るくらいのお湯(30CCくらい)を
フライパンに入れてフタをします。
そのまま2分間、蒸します。


ゾ発させる
蒸し終わりましたら、フタを取って
水分を蒸発させます。


Ψ劼っている部分を切る
最後に、表面に焦げ目をつけます。
そしてハサミで、繋がっていたチョリソを一本一本切り離してください。

焼きます。


Т粟
最後に盛り付けをして完成です。
お好みにより、粒マスタード、和からし、レモンの果汁をつけてお召し上がり下さい。

完成品

HOMEへ

ページトップへ